CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< クラシック音楽の"今"を感じるということ | main | パリでの音楽留学をご検討の方へ >>
11月19日(日)海老名ステップ(2) アドバイス報告
0

     

    途端に冬の気配がただよう気候となったこの日、

    海老名文化会館小ホールにて、海老名ステップ2日目の

    アドバイスを務めさせていただきました。

    https://entry.piano.or.jp/step/holds/detail/201782818

     

    ステーション代表の江夏範明先生、同じくアドバイスで

    ご一緒させていただいた小池純江先生、大嶺未来先生、

    また機敏に滞りなく運営してくださったスタッフの皆様、

    お世話になり感謝申し上げます。

     

    参加者様の半数がジュニアの方、半数がグランミューズの

    方とお見受けしました。

    どなたも緊張で大崩れすることなく、この素敵なホールで

    立派に演奏されましたこと、とても感激し聴かせていただきました。

     

    大嶺先生の講評にありましたように、より場数をふんで

    本番の舞台で「よく自分の音を聞く」ことは、常にどなたにも

    留意点としてあげられることと思います。(プロのピアニストにも)

     

    一番は、「自分らしい演奏が素晴らしいホールでできる」こと

    だと思いますが、その練習がものを言いますよね。

    皆さんどなたも素晴らしい先生につかれているのだと感心

    しました。

    ただし、一歩先のことを申せば、「先週先生に言われたことが

    今週のレッスンでできるか」だけが、ずっとこの先のピアノ人生

    で最重要かどうかは、わかりません。

    先生に修正してもらう時間は、練習も含めてあなたのピアノと

    向き合う時間と比べたら、ほんのわずかなものです。

     

    だから、できれば、練習している時に、「こうしたらどうなるの

    だろう」「先生はこう言ったけど、こういう方法はどうだろう」

    と、自分自身で、失敗しても良いから、試してみることが、

    「あなただけの音楽」に繋がるのですよ。

     

    言葉にしても、学校に行って、友達に「おはよう」というのは、

    朝だから言うのではないのです。「おはよう」と声をかけたい

    からかけるのです。

    ピアノの音も、言葉と一緒。

    曲は、ショパンとかベートーヴェンとか外国の人がつくったから、

    いくらかはその"喋り方"を学ばなければいけないけど、

    それを一つずつ身につけながら、「あなたの言葉」にしてみて

    くださいね。

     

    田口 翔

     

    | ピティナ・ステップ | 01:13 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする